BLOGブログ

1歳のブログ

何かを教えるにはマネが一番理解してくれる今日この頃。
~1歳5ヶ月4週目~

このブログは、子どもが生まれてからほぼ毎週更新しているブログです。
世知辛い世の中を、明るく楽しく元気よく人生を楽しんでもらえるように、幼い頃から発達の基礎力upのために……

でもやりすぎると疲れるので片手間に。

週1~3回ほど、5~10分意識して遊んだこととかやりとりを書いてます。
近くに同じ歳の子がいない人に同世代の子どものイメージを持ってもらったり、子どもの発達が心配な人にどんな遊びを普段からしてると成長しやすいか見てもらったり……などなど。
そんな方々に向けて書いてるつもりです。
よければどうぞ。

目次

マネするだけ理解力や言葉の力がup!!

ーーーーー

わが子(はらぴー):「 」
親:< >
” ”:親が意識して覚えてもらおうと喋った言葉
大人:『 』
※上のカッコで実際のやりとりを再現します。

ーーーーー

ある日…
<あーもう、また飲み物持って歩くー!!ほら、こぼれたー!!も~~~~~~。>
「………(ちょっと笑う)」
<なんで笑ってんねんー。怒ってんねんでー。なに、人のリアクション大きいの見て、えへへ~言うてんねんー。>
「えへへー。(さらに笑う)」
<えへへー!!(笑い返す親)>
「(笑ってるため、そのまま手に意識がいかず、そのままコップの飲み物が全部こぼれかける。)」
<あーーー!!!ナイスキャッチ~!!!>
「いひひー!!(親の動きがおもしろかったようで笑う)」
<全然おもんないわ。…はい、ちょっと手伝い!!自分でこぼしたんやろ?!>
キッチンペーパーを持ってきて、拭きながらはらぴーに渡す。
<”拭き拭き~”して。>
「うきうき~。(手を大きく動かしすぎて、飲み物が地面の上で伸びる)」
<はい、おっけーでーす!!ありがとう!>
「うきうき~。」
<は~い、もう大丈夫で~す!!伸びてますから~。>
「ーらい!!(ちょーだい)」
<え~、もう~。……あ!アンパンマン見よ!(逸らす親)>


またある日…
<ふふふふふふ………さぁ、来い!!バーーーーン!!!(指を鉄砲にして打つ。)>
「………(なんかやってんで、この人……みたいなちょっと冷たい笑いとニヤニヤで親を見る。)」
<バーン!!って打たれてんから、やられやな。う~~~~って…。>
<もう1回いくで、バーーーン!!!>
「バーーーン!!!」
<う~~~~~~…。>
この後、はらぴーは楽しくなり、バーンを連発。
<いや、ちょっとう~~~~もやって。>
<ほらちょっと、打ってもらお。>
<バーン!!>
<う~~~~…。>
「バーン!!バンバンバンバンバン!!」
<めった打ちやな。>
この後も、う~~~~…を強要する親と、その強要をみじんも感じず遊び続けるはらぴー。


またまたある日…
<おーーーい!!(はらぴーが手を振るタイミングでアフレコ。)>
「(手を振り続けてる。)」
<おーい!!はらぴーも言って。おーい!!!>
「いひひー。(手を振り続けてる。)」
<手を振ってアフレコしてもらって遊んでるやん。おーい!…おーい!>
「(無言で笑って手を振る。)」
<言うてくれよ~。>
この後、手を振るだけじゃなくて、パトカーとか救急車の音が鳴るハンドル型のおもちゃで遊ぶ。
音を鳴らしてずっと遊んでるため、また親がアフレコ。
<ピーポーピーポー。>
「(親を見ながら、音を鳴らして親を観察→鳴らして観察を続ける。)」
<ウーーーーー!!!>
「(なぜか頭と首が付いてきて、メトロノームみたいに左右に頭をカクカクしながらピーポーピーポーの音を鳴らす)」
<ピーポーピーポー…。…はらぴ、首おかしなるで。>
「いひひ!」
<いひひじゃねーわっ!!>

【成長発達のはなし】

頭の中の考える,見る,聞く,手を動かす,足を動かすなど…。
この頃の子どもたちは、まだまだ1つのことを処理してると、他のことまで気が回りません。2歳6ヶ月~3歳頃から徐々に2つのことを上手に処理できるようになってきます。
なので、本当は飲み物をこぼしたことを怒る前に、親がはらぴーを座らせてバッチリ飲む体制にしてから
飲み物を渡すのがベストです。子どもが1つに集中してその言動を体が覚える………これ、この時期にできる結構大事なことです。

…とは言いつつ、毎日子どもと過ごしてるとそんなことに親が気が回らず、今回は怒りました。
よっぽど日頃から怒ってなければ、それより楽しい記憶のほうが残るだろう………うちではこの時期の子どもをそんな感じで見てました。
※よっぽど日頃から怒ってる=
1日の間で、普通or笑顔より怒ってる顔が6割以上。もしくは、声を荒げて怒っているのが6割以上くらいだったら、日々結構怒ってると思います。たぶんこれだけ怒ったら大人もヘトヘトです。


そして、この頃は親が話しかけたりすると反応とか応答してくれることが多いので、一気に賢くなった感じとか、やりとりができてきて育児がほんの少し楽になり始める頃でもあります。(個人差はあるし、次は我が出てきてやかましくなるときがありますが。。。)
実際、応答が増えてコミュニケーションが楽になるので、賢くなった感じはするんですが、親の言うことを理解して言葉やジェスチャーでコミュニケーションを取って………とまでは、まだいきません。

大人のリアクションの大きさとか早さなど、言葉よりリアクションを見てることがまだまだ多いです。つまり、<はらぴー、わかってるのになんで○○すんの!!>って言いたくなります。…というか、言ってました。

1歳6ヶ月健診で相談に来られる方も、『わかってること多いのに、わざといらんことする。言葉も喋らない』などの相談があります。たぶん、こう言う親御さんの子どもを見る目ってバッチリ当たってます。
ただその反面、賢い感じの一面が前に出すぎて、まだ理解しきれていない一面が見えなくなるんだと思います。日頃、生活をしてるとわが子に対しては誰しもがこうなる気がします。

…長くなるので、何が言いたいかと言うと。。。
理解してるところはいいとして、わざととか理解してなさそうなところは教えていく…
これをしておけば、理解できてない部分が見えなくても、子どもは十分学んでいってくれると思います。

【子どもの基礎力upのあそび】

前置きが長くなりましたが。。。
今週は、子どもの言動をマネしたり、親がやってほしいことをマネさせてみることをオススメします。

子どもの言動をマネしたら、それだけでコミュニケーションにもなるし、マネにちょっと変化を加えたら、それだけで楽しい遊びになると思います。
(「う~~~~。(おもちゃを持って遊んでいたら…)」<う~~~~~~……わっ!(と、そのおもちゃを急に高く上げ下げしてみるとか…。)>)
たぶん子どもはその変化に対して、「はい?」って思ったり「斬新な遊びぃ~!取り入れますぅ~!」ってなったり、いろんな学びになると思います。


親がやってほしいことをマネしてもらうのは、タオルを置く,椅子を引く,スプーンを置く,ティッシュを取る…なんでもいいんだけど、やってもらう。
これをするときに、何をするか理解していれば、その後に何をするかを予測がつくだろうし、理解していなければ新たな道具の用途や生活の見通しを立てるキッカケになると思います。

よければどうぞ。

ーーーーーーーーーーー
あそびを習い事に!!うちもだんLabo.!!
050-5578-8374
uchimodern@gmail.com

ブログに興味がある方やなんだか話を聞いてみたい方などなど…
お気軽にご連絡ください。

ちなみに、うちでは奈良(奈良市)と大阪(交野市)で、90分みんなで遊ぶ教室をしています。
友達の輪に入ること,言葉で理解・表現すること,勇気や自信を持つこと,空気を読むこと……など。
子どもの発達の能力が伸びるように講師が遊びをプログラムしてキャーキャー遊んでる教室です。
こちらもよければどうぞ。